どんな人が在宅ワーカーに向いているのか

転職、というと普通ある会社に勤めるサラリーマンが、その会社を辞めて別の企業を受けて、別の企業のサラリーマンになる、ということを多くの人は想像します。

しかし、転職の形というものはそんな画一的なものではありません。サラリーマンから、在宅ワーカーへの転向もあります。今回はそんな在宅ワークへ転職するメリットをお話しします。

 

1.理由なく在宅ワーカーに転職は要注意

 

もちろん「在宅ワークがやりたい」という在宅ワークの仕事内容への熱意から仕事を辞めたのであればそれは在宅ワーカーへと転職するべきです。

しかし、「在宅ワークを別段やりたいわけではないが、今の仕事でやっていることにもあまり興味がないから、どうせなら家で楽をしたい」と考えている方には向いていません。

よほど特殊なスキルを持っていない限り、在宅ワークよりもサラリーマンの方が圧倒的に稼ぐことができます。

純粋な給料、という面でも稼げますし、保険に関しても、サラリーマンの方が在宅ワーカー、つまり自営業者よりも保険料が安くなることが多いです。

税金に関しても、サラリーマンの場合は、給与所得控除という特別控除を受けられるため、優遇されます。

 

2.どんな人が在宅ワーカーへの転職に向いているか

 

在宅ワーカーはサラリーマンより稼げないという話をしてきましたが、お金を稼ぐために働くのに稼げないのは本末転倒です。しかし、それでも在宅ワーカーに向いているケースがあります。

それは、

・人との関わりがとにかく苦手
・誰かに見られたりすると作業の精度が落ちる
・拘束時間を決められると困る

といったケースです。拘束時間を決められると困る、というのは女性の方で出産した場合が代表的です。よく寿退社といいますが、その退職後、在宅ワーカーならば時間に融通が利くため、仕事にし易いです。

しかし、在宅ワーカーに特に向いているのはやはり一番上の項目の「人との関わりがとにかく苦手」な人です。

誰とも関わらず生活していくことも可能なので、人間関係で退職された人やメンタルがあまり丈夫でない方にはおすすめだと言えます。

 

転職は慎重に

 

在宅、というのは毎日満員電車に揉まれている多くのサラリーマンにとって魔法の響きで、魅力を感じる人も多いかもしれません。ですが仕事は仕事、そんなに簡単には稼がせてくれないのもまた事実です。

仕事が辛い、という一時の感情に流されて後悔しないよう、在宅ワーカーへの転職は慎重に考えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です