転職には具体的にどのようなリスクがあるか

転職は、主に現在の不満点を解消する為に行われます。それで転職には、実はいくつかのリスクもあります。

確かに不満が解決する事も多いのですが、給料や必要スキル等の問題が生じている事もあります。転職先は、よく見極める必要はあるでしょう。

 

1.給与が下がってしまうリスク

 

例えば、給料に関するリスクです。現在のお勤め先にて、毎月30万円は受け取っているとします。それに不満がある時などは、確かに転職を行ってみるのも一法なのです。

しかし残念ながら転職先によっては、下がってしまう事もあり得ます。会社選びを慎重に行わないと、失敗してしまう可能性はあるのは要注意でしょう。

 

2.自分のイメージと違う所で働くリスク

 

その他にも、イメージとの違いもあるのです。例えば入社前は、残業はあまり無い会社を想定していたとします。

ところがいざ入社してみれば、思ったよりも残業が多かったという話もあるのです。現に会社によっては、サービス残業を余儀なくされる事もあります。

そうかと思えば、人間関係で問題が生じる事もあるのです。思ったよりも人間関係がぎくしゃくしてしまう事もたまにあります。

 

3.なかなかお仕事が見つからないリスク

 

それと転職活動が長期化してしまうリスクです。特に退職後に転職する時などは、要注意です。退職して一旦無職になったものの、改めて転職先を探すパターンもあるでしょう。

ところが、なかなかお仕事が見つからない事もあるのです。その分は、いわゆるブランク期間と捉えられてしまう事もあります。長期化してしまえば、キャリア的に不利になってしまうでしょう。

 

4.求められるスキルレベルが高い

 

まだあります。思った以上にハイレベルという事例も大いにあるのです。

入社前はそれほどハイレベルな仕事を想定していなかったものの、いざ転職してみれば相当なハイスキルを求められる事もあります。それで心身共に、疲弊しまう事もたまにあるのです。

 

5.転職による主なリスク

 

ですから転職には、主に次のようなリスクがある訳です。

・給料ダウン
・イメージとの食い違い
・転職活動の長期化
・求められるスキルが高い

確かに転職は現状の問題点を解消できる事も多いですが、こういったリスクがある点は注意を要するでしょう。

 

転職先はよく選ぶべき

 

ですから転職のリスクは要注意ではあります。それだけに、会社をよく選ぶ事が大切なのです。

人材紹介会社のサポートをフル活用すると共に、面接で労働条件をしっかり確認した上で、リスクを低くする事が大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です