転職先に悩んだら、飲食業がオススメ

今の会社に不満を抱いていて、いつか転職したいと悩んでいても、具体的にどんな転職先を選べばいいか決められない人が多いのではないでしょうか。

特に今の業種に不満があっても、未経験の業種への転職はハードルが高く感じられますよね。そこで、今回はそんな悩みがある人へ飲食業への転職をおすすめしたいと思います。

飲食業への転職に少しでも興味がある方、必見です。

 

1.飲食業なら常に求人がある

 

飲食業は、他の業種と違い、常時求人をしています。そのため、自分が転職したいと思った時にいつでも応募して、転職することが可能です。

また同時期に複数の飲食店で求人があることが多いので、転職先をいくつかの候補から選ぶことができます。

年齢や性別なども基本的に問われないので、他の業種では転職が難しい人でも求人に応募することができます。

 

2.飲食業なら転職する前に職場の雰囲気を知れる

 

飲食業は他の職種と違い、誰でも職場に訪れることができます。

そのため、入社してから初めて社内の雰囲気を知ったり、働いている人のことを知るような一般企業とは違い、転職前に職場のことを知ることができます。

飲食業なら転職前に気になることがあれば、納得するまでお店に通うことだってできます。

実際にお店に行って、どういう仕事内容なのかを事前に知ることができるので、転職後に自分が思い描いていた職場とイメージが違うということがありません。

 

3.異業種からでも転職しやすい

 

飲食業は人手不足の業界のため、経験者でなくても採用してもらえます。

その上大手のチェーン店であれば、新人教育プログラムや研修があったり、マニュアルが徹底しているので、全く飲食業の経験がなくても安心して働き始めることができます。

また飲食業のマニュアルはどこの会社にも存在していて、マナーなどは基本的に同じなので、今後さらに転職を行うことがあっても学んだことが役に立ちます。

飲食業に転職すると清潔感のある身なりや、丁寧な口調、好感度の高い対応を学ぶことができるので、転職の時はもちろん、実生活でも役に立ちます。

 

飲食業なら転職に成功しやすい

 

今までのポイントをまとめると

・沢山の求人の中から自分に合った物を探せる
・働く前に職場のことを知れる
・飲食業が初めてでも安心

ということです。

他の業種に比べて、いかに飲食業が転職しやすいか分かっていただけたでしょうか。今まで、転職に成功しなかった人でも、飲食業なら転職しやすいので、是非チェレンジしてみることをオススメします。

ベンチャー企業へ転職を考えているあなたへ

ベンチャー企業、という名称は良く聞きますが、その実態をわかっていない人も多いと思います。今回はベンチャー企業への転職活動の際、注意しておくべきことを述べます。

 

1.マニュアルはない

 

転職活動は様々なバックヤードがあるため、新卒採用の転職活動以上にマニュアル通りいかないことが多いですが、ベンチャー企業の場合は、まずマニュアル通りいきません。どんな点が上手くいかないかというと、具体的には

・服装
・質問
・会社説明会で行うこと

です。

これらは転職活動の大部分を占めていますから、殆どマニュアル通りいかないという訳です。

 

2.熱意をアピールすべき

 

ベンチャー企業はこれからどんどん自社を成長させたい、と考えている人を当然ながら求めています。

そのため給料は二の次で一番はやりがいだ、という熱血的な人間が多く、そういった人材を求めていることが多いです。嘘を言っては後々後悔することになるため、正直に興味がなかったら辞退するのが吉です。

ベンチャー企業の転職活動は私服可が多いです。私服可の場合、「これは私服可と書いておいて私服で来たら落とす罠ではないか」と深読みしてスーツで来る人もいますが、これはNGです。

ベンチャー企業の場合、勤務も私服の場合が多く、またアパレルなどに関わっている企業の説明会などに行く際は、必ずそのブランドの服を着ていきましょう。採用担当者の印象に残りやすくなります。

 

3.想定外の質問・ワークが多い

 

ベンチャー企業は多くの場合人数が少数で、採用担当の人数も少ないことが多いです。そのため、面接や説明会の企画が無難なものになりにくく、個人の性格、趣向がよく出ます。

そのため、予想していたものとは全く違うことをやらされたり、質問されたりすることが非常に多いです。この点を留意しておき、いざ想定外のことが起こった際に、動じず、しっかり受け応えできるようにしておかねばなりません。

説明会においても、突然指名されたり、重要なことをサラっといったり、丁寧語を使わずに説明をしたり、と会社勤めが長かった人は驚く部分もあります。

 

発言を怖がらない

 

ベンチャー企業においてどこも共通していることは、行動力のある人材を求めている、という点です。

ベンチャーでない企業の説明会などではあまり発言する人が多くありませんが、ベンチャー企業の際にはガンガンこちらから意見を言ったり質問して良いです。どんな想定外の事態が起こっても、失敗を恐れず発言するようにしましょう。

これからパン屋に転職を考えているあなたへ

パン屋、という職業を聞くとパンがこんがりとした良い匂いが店中に立ち込めて、店員さんもなんとなく柔らかい雰囲気の、という職業を思い浮かべる方も多いでしょう。

その認識は誤ったものではありません。ですがそれはあくまで表面上のものにすぎません。

よく「花屋さんは表向きと違い、働くと辛い業務が多い」というように、パン屋さんもそんな甘い業務ばかりではありません。

 

1.パン屋はミスが命取り

 

サラリーマンの中には、椅子に座って一日パソコンで作業をする、という人も多いです。そんな人がパン屋に転職すると、すぐに辞めてしまうとは言いませんがギャップに驚きます。

パソコンでの作業は主に、今後のスケジュールを円滑に行ったり、企画を練ったり、いずれにしてもその後のパソコンから紙媒体へのアウトプットの作業のために行うことです。

ですから、その段階でミスが入ったとしてもその後に作業をする人が気づいたり、あるいは上司が添削してくれます。

パンは成形するとそれがそのままパンの形になりますし、焼き加減ももちろんそのまま出来上がりに反映されます。ミスするとそれまでの作業が全て無駄になります。

当然人間ですからミスはつきものですが、一度生地を落としたり、焼きすぎてしまえばどうしようもありませんから、怒られるだけでは済まない場合もあり、また罪悪感も当然強く感じるシビアな職業です。

 

2.パン屋は現場が全て

 

廃止しよう廃止しよう、と近年よく言われる年功序列制度ですが、仕事のあまりできない人間にはとても有難い制度であり、また誰でも歳を取ればよい地位になれることからあまり不合理さがなく、会社員では年功序列制度を感じる機会も多いです。

ですが、パン屋には殆どの場合年功序列制度はありません。チェーン店だったとしても、現場にいる人数はたかが知れていて、言うなれば超少人数の会社に勤めているようなものです。

チェーン店ならば、数店舗をまとめるブロック長、更にその上にももちろん上司がいるのですが、現場に現れるのはブロック長までの場合が多く、明確に立場が違うのはブロック長、店長、いる場合は副店長くらいです。

他はパートタイマーだろうがアルバイトだろうが新入社員の研修生だろうが立場は同じです。歳は関係なく、全て仕事ができるかどうかで立場は変わります。

この点で仕事を頑張らねば後輩にすら見下されるのでサラリーマンの方はギャップを感じるでしょう。

 

良くも悪くも絆が深まる

 

パン屋は人数が少ないことが多いため、皆で協力しないと終わらない業務がとても多いです。そのため失敗も多く、なじめないうちは辛いですが、ほとんど同じメンバーで働くため、馴染めれば楽しい仕事です。

求人サイトでおすすめされてる一覧を参考したい方に一押しのページです。

転職には具体的にどのようなリスクがあるか

転職は、主に現在の不満点を解消する為に行われます。それで転職には、実はいくつかのリスクもあります。

確かに不満が解決する事も多いのですが、給料や必要スキル等の問題が生じている事もあります。転職先は、よく見極める必要はあるでしょう。

 

1.給与が下がってしまうリスク

 

例えば、給料に関するリスクです。現在のお勤め先にて、毎月30万円は受け取っているとします。それに不満がある時などは、確かに転職を行ってみるのも一法なのです。

しかし残念ながら転職先によっては、下がってしまう事もあり得ます。会社選びを慎重に行わないと、失敗してしまう可能性はあるのは要注意でしょう。

 

2.自分のイメージと違う所で働くリスク

 

その他にも、イメージとの違いもあるのです。例えば入社前は、残業はあまり無い会社を想定していたとします。

ところがいざ入社してみれば、思ったよりも残業が多かったという話もあるのです。現に会社によっては、サービス残業を余儀なくされる事もあります。

そうかと思えば、人間関係で問題が生じる事もあるのです。思ったよりも人間関係がぎくしゃくしてしまう事もたまにあります。

 

3.なかなかお仕事が見つからないリスク

 

それと転職活動が長期化してしまうリスクです。特に退職後に転職する時などは、要注意です。退職して一旦無職になったものの、改めて転職先を探すパターンもあるでしょう。

ところが、なかなかお仕事が見つからない事もあるのです。その分は、いわゆるブランク期間と捉えられてしまう事もあります。長期化してしまえば、キャリア的に不利になってしまうでしょう。

 

4.求められるスキルレベルが高い

 

まだあります。思った以上にハイレベルという事例も大いにあるのです。

入社前はそれほどハイレベルな仕事を想定していなかったものの、いざ転職してみれば相当なハイスキルを求められる事もあります。それで心身共に、疲弊しまう事もたまにあるのです。

 

5.転職による主なリスク

 

ですから転職には、主に次のようなリスクがある訳です。

・給料ダウン
・イメージとの食い違い
・転職活動の長期化
・求められるスキルが高い

確かに転職は現状の問題点を解消できる事も多いですが、こういったリスクがある点は注意を要するでしょう。

 

転職先はよく選ぶべき

 

ですから転職のリスクは要注意ではあります。それだけに、会社をよく選ぶ事が大切なのです。

人材紹介会社のサポートをフル活用すると共に、面接で労働条件をしっかり確認した上で、リスクを低くする事が大切です。

経験がなくてもやる気を武器に!第二新卒の転職のポイント

一昔前は就職してすぐの転職にはあまり前向きなイメージがありませんでしたが、現在では求人を行っている企業側も第二新卒を歓迎する傾向にあります。

新卒採用枠の競争激化に伴い、若者が希望する職に就くことができないことが珍しくない時代です。

しかし、企業側も優秀な若手人材を確保することに積極的になっていますので、今の仕事に不安を抱いている場合には第二新卒の立場で転職活動を行っていくことをおすすめします。

社会経験が少ないことがネックになると思われがちですが、キャリアの見直しのために第二新卒ならではのアピールの仕方でチャンスを掴んで行きましょう。

 

1.気をつけたい転職のタイミング

 

まず、次の仕事が決まらないうちに退職をしないように注意してください。まだ若いから、第二新卒だからといってすぐに転職先が見つかるとは限りません。

働きながら転職活動を行って内定を貰ったあとに退職準備に取り掛かるのがベストです。転職活動には意外にお金がかかります。

退職してから集中的に転職活動を行いたいという気持ちはわかりますが、途中で転職活動資金が尽きてしまっては大変です。

少しずつ転職先を探していき、不安がない状態で円満退職できるように心がけていきましょう。

 

2.志望動機は武器になる

 

通常の中途採用とは違い、即戦力になるというアピールができるほどキャリアがないのが第二新卒です。ですから武器になるのはどうしてこの仕事をしたいのかという志望動機になります。

最初に目に留まる履歴書や職務経歴書を作り、この点をいかに見てもらえるがポイントです。

今後の自身のキャリアをどう考えているのか、企業の事業内容や経営のポリシーなどに共感した上で自身がどういった仕事に携わっていきたいのかなどが明確に見えるようにしておきましょう。

志望動機さえしっかりとしていれば第二新卒が不安視される、すぐに仕事を辞めてしまうかもしれない、という不安を軽減させることが可能です。

 

3.第二新卒ならではのポテンシャルをアピール

 

第二新卒と新卒との違いは、少ないながらも社会経験があることです。それは新卒とは違った武器になります。

社会人としての最低限のマナーや常識が身についており、即戦力にこそならないながらも自らの意思で転職をすることによって、企業にこれからどうやって貢献していくかしっかりと目標を持っていることなどが評価されます。

その辺りのアピールは履歴書や職務経歴書はもちろん、面接によって人となりが見られるときにこそ重要です。

自己PRでは転職の動機をプラス変換し、仕事に役立ちそうな資質を見せ、将来性を感じさせるようなやる気を見せることが大切になります。

 

第二新卒の転職は熱意が成功を掴む

 

第二新卒が転職するために大切なのは、

・志望動機の明確化
・将来性のアピール
・転職への前向きな姿勢

これらを自分の言葉で示し、企業に見せることです。

第二新卒で誇れるようなキャリアはなくても、企業にとって役に立つ人材であることを知ってもらうことができれば充分に評価してもらうことができます。

 

転職で異業種にチャレンジ!転職前に注意する事は?

 

転職の際に思い切って異業種にチャレンジしてみようとしたり、前々から憧れていた職業に就きたいと思った場合、転職前に注意しなければならない事には一体何があるのでしょうか?

後から後悔しないためにも、今働いている勤め先を辞める前から心がけておきたい事やしておきたい事についてチェックしてみましょう。

 

1.数年後をしっかりと見据える事

 

転職で異業種にチャレンジしたいと思う人は割と若年層にも多く存在します。

若い時に興味がある業界に飛び込むのは成功すれば結果オーライですが、その異業種に就くのであれば数年後も見据えておかなければなりません。

歳をとった時にも負担なく働き続ける事ができるのかどうかや、若い人中心の業種で、ある程度歳をとったら居づらくなる仕事ではないかなどもよくよく考えましょう。

 

2.何かあった時に転職先が多い業界かどうか?

 

社会に出て数年経つと、転職の際は経験者である方が有利になる事も結構多いです。特に30歳、40歳過ぎは経験が採用を左右する事が多々あります。

転職で異業種にチャレンジする場合は、その転職先から再び転職しなければならなくなってしまった場合に、経験者として転職して活躍できる場がたくさんある業界かどうかを求人の数などから把握しておきましょう。

 

3.業界について詳しく調べまくろう

 

新卒で入った会社というのは割と良い会社である事も多く、初めは大手企業に勤めていたという経歴の人は意外とたくさんいるものです。

そういった人が次の転職先に異業種を選ぶ場合、いざ転職してみたら意外とショボい待遇の会社や仕事内容だったと肩を落とす事も珍しくありません。

異業種に転職してみたものの、自分の適性と合っていなくて再び転職を考えたり、休みが少なくサービス残業が続いたり、今まで座り仕事だったのが立ち仕事になって体がつらいなど、思っていたのと違ったと思う事もよくある事です。

あらかじめ自分が転職する業界や仕事内容についてはよく調べておく事と、想像力を働かせてどんな事が大変そうなのかを考えてから転職先を決めるのがおすすめです。

このような事から転職で異業種を選ぶ場合は、

・仕事が順調なのに転職する必要があるのかをよく考える
・自分のスキルアップにつながり、自分の性格に合った業界を選ぶ
・これから飛び込む業界の仕事内容・内情・大変なところをよく調べる

上記のような事が大切です。

 

異業種の転職はプラスになる物を

 

転職で異業種を選ぶ場合には、求人が少なく働く所が無いから…とか、この職業なら歳をとっても働けるから…という漠然とした理由だけで選ぶのではなく、自分の適性やその業界で働くメリット・デメリットなどをよく調べた上で職に就くようにしましょう。

今は良くても歳をとった時にどうなのかも良く考えて転職するのがベストです。